注文住宅の依頼は三重の設計事務所 K2建築設計室

三重の設計事務所 K2建築設計室は、注文住宅に関するご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

家中を見渡す家事コーナーのある家

第6話 実施設計完了・本見積

2011.4.12

実施設計がほぼ完了したので、図面を確認していただくために施主打合せをしました。
照明器具のプランも確認していただきました。

照明プラン

現在アパートでお使いの照明器具を子供部屋に流用するとのことで、器具を無くし引掛ローゼットに変更。
また、現状ではまだまだ高価なLED照明を蛍光灯タイプに変更しました。


図面については、コンセントの位置や個数の若干の変更要望はありましたが、ご承認いただきました。
これらの変更を図面修正すれば設計図面は完成。 施工業者に見積を依頼します。
今回は施工業者3社に見積依頼します。


ここで、白模型にてプランをご紹介します。

模型

外観南西側より見る。


模型

外観西側より見る。


模型

外観南東側より見る。


模型

1階間取り。
右下隅が階段がある家事コーナーですが、1/100模型のためスケルトン階段は表現していません。


模型

2階間取り。
右下吹抜に階段を設けます。


模型

家事コーナーはLDKより2段分、床が上がります。


模型

和室の障子は3方とも開けると、LDKから玄関ホールまで開放された空間となります。


2011.5.2

3社の見積が出揃ったので、施主に見積書を提出いたしました。

見積

3社の見積書を比較して、どの業者にお願いするかを決めていただくわけですが、設計者は、金額だけではなく見積書の内訳内容も確認・精査し、アドバイスをいたします。施主は総合的に判断して決定していただきます。


今回は1社が他2社と比較して金額がかなり安く、この金額なら施主の予算内におさまりそうでした。他の2社の金額はほぼ同じで、概算見積時に保留とした減額案を検討しなければなりません。施主はほぼ即決されました。一応他2社にここからの値引きは可能か確認しましたが、どちらも追いつけそうにありませんでした。


予算におさまったので、減額検討が不要になり、早期に施工業者が決定しました。
ゴールデンウィーク明けに、工事請負契約に向けて施工業者と打合せをすることになりました。