注文住宅の依頼は三重の設計事務所 K2建築設計室

三重の設計事務所 K2建築設計室は、注文住宅に関するご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

センターキッチンの家

第2話 初回プレゼン・設計依頼

2012.3.24

ヒアリングを元にプランを作成し、初回プレゼンテーション(A案)を行いました。


今回のプレゼン資料です。図面・イメージパースが7枚と1/100分解白模型です。



今回はダイアグラムを作成しました。(画像クリックで別ウィンドウ拡大表示します。)
陽当たりを確保するための建物配置と駐車場の取り方、居室と共用部の配置と家相(鬼門・裏鬼門)との関係をわかりやすく図示しました。



配置図兼1階平面図です。(画像クリックで別ウィンドウ拡大表示します。)
建物をL型に配置することで南側の庭の奥行を確保し、陽当たりに配慮しました。
キッチンを中心に配置し、家事をしながら家族の様子がわかるようにしました。
和室は6帖にしたかったのですが、庭の奥行(陽当たり)確保を優先し4.5帖にしています。押入を吊り押入にすることで、なるべく圧迫感がないようにしました。



2階平面図です。(画像クリックで別ウィンドウ拡大表示します。)
南西面はあえてほとんど窓を設けませんでした。隣家の窓がすぐ近くに対面するのと、東南面の窓で十分明るさを確保できるからです。また西日も防ぎたかったというのもあります。


内外観のイメージパースは下記の計画案ギャラリーをご覧下さい。
 → 計画案ギャラリー



その他、設計事務所の業務内容やそれに対する報酬、全体のスケジュール等をご説明しました。
このときA案について、変更が可能かどうかのご相談を受けました。

  • ダイニングテーブルを6人掛けにできないか。
    → 今のままでテーブルを大きくするのは寸法的に難しい。キッチンの幅を狭くするなど必要。
  • 和室を6帖にできるか。→ 庭へ半間拡げれば可能。ただし、その分陽当たりは悪くなる。
  • リビングから直接キッチンへ動線を確保できないか。
    → 冷蔵庫を移動し、そこを廊下とすることで可能。

設計依頼をいただけたら、今後寸法調整などの変更を検討して対応させていただくこととしました。



2012.4.1

プレゼン日の4日後、正式に設計依頼のお電話をいただきました。
そこで、その週末のこの日、契約に向けた打合せをさせていただきました。


打合せ内容は以下の通り。

  • 契約に含む設計業務及び監理業務の内容と、契約に含まれない業務のご説明。
  • 契約金額(報酬)の相談と決定。
  • 建築士法第24条の7に基づく重要事項説明。
  • 設計・監理業務(工事工程含む)の全体スケジュール案の提出とご説明。
  • 資金計画の参考としてもらうよう作成した、資金計画シミュレーションの提出とご説明。

また、A案についてご要望をお聞きしました。



画像の書込みは初回プレゼン時の相談内容も含んでます。

  • 木製造作カーポートを1台分欲しい。→ 北側駐車場は幅が狭いので難しい(既製品アルミカーポートなら可能)。東側駐車場も幅が狭いので、リビングを少し縮めれば可能。
  • リビング東面の壁に窓を設けたい。→ TV置場と重なるため高窓で検討する。
  • リビングとDKを間仕切るアコーディオンカーテンのようなものが欲しい。
    → 間仕切る方法、建具仕様などを検討する。
  • 防犯上雨戸シャッターは必要か。→ LDKと和室の掃出し窓を防犯ガラスとする。



  • 陽当たりがようと思われる南西角部分がクローゼットなのはもったいない。
    → 将来間仕切りする9帖の洋室と納戸を入れ替えるような間取りを検討する。

これらのご要望の検討と契約書類の作成のために、1週間お時間をいただき、
来週の4月7日に打合せと契約をお願いいたしました。