注文住宅の依頼は三重の設計事務所 K2建築設計室

三重の設計事務所 K2建築設計室は、注文住宅に関するご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

コートハウス

第6話 再設計

2014.2.17

前回E案の変更要望を踏まえ、F案とG案の2案を作成して提案しました。
ここからは建築主の要望により平面図を掲載できませんので、外観パースと文のみとなります。


F案西面パースです。
F案はE案を元に、総2階建てに見えるよう間取りを変更しました。スキップフロアをやめたり中庭囲いの塀を一部外壁と兼用するなどコストダウンも考慮しています。


F案北面パースです。
E案と同様、クルマを2台並列駐車するために建物をL型に窪ませています。ポーチは2方向からアクセス出来るようにして玄関から駐車スペースへ直接出入り出来るようにしました。


F案南面パースです。
手前中央から左が中庭を囲む壁で、右側の1段高くなっている部分がバルコニー手摺壁です。


G案西面パースです。
G案はさらに建物を「できれば真四角の箱型に見えるように」との要望ををうけて作成しました。外観優先となる分、間取り的には玄関ホールからリビングへの動線や、シューズクロークの配置など使い勝手があまり良くない部分が出てしまいました。


G案北面パースです。
建物形状変更により2台並列駐車は難しいので、1台は縦列駐車もう1台は建物の脇に分散駐車する必要があります。
南面はF案とほぼ同じなので割愛します。


検討の結果、F案をベースに設計を進めることになりました。
主な変更要望です。

  • 軽自動車がもう1台駐められるように、建物を東へ移動
  • ポーチのスロープは駐車場側とし、正面は階段とする。
  • 中庭のウッドデッキをL型とし、一部に庇を設け洗濯干し場とする。


2014.3.13

建物のプランと配置が決まりましたので地盤調査をし、この日その結果を報告しました。
既存の植栽を抜根し、道路との高低差を吸収するため盛土をするので、やはり地盤補強が必要でした。現状地盤からおよそ深さ1m付近に良質な支持層があるので、今回は表層地盤改良としました。



2014.4.3

何度か打合せを重ねながら超特急で実施設計を完了し、施工業者に変更見積を依頼しました。
昨年9月末に工事請負契約をしているので、あくまで設計変更による変更見積となります。つまり、既契約分は消費税率5%とし、設計変更による追加分は消費税率8%とします。3%の差は金額にして60万円ほど違ってくるのでこの差は大きいです。当初は関係ないと思っていましたが、9月中に契約しておいて良かった・・・。



2014.4.17

変更見積を提出しました。
建物は間取りの変更で幾分コストダウンしましたが地盤改良と外構の追加が大きく、当然ですが追加金額(当初契約との差額)は当初の予算からオーバーしています。VE案も提案しいくつか採用いただきましたが追加金額0には至らず、必要なものとご理解いただきました。
変更契約は地鎮祭の時に行うことになりました。