注文住宅の依頼は三重の設計事務所 K2建築設計室

三重の設計事務所 K2建築設計室は、注文住宅に関するご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

海を臨む高台の家

第3話 設計契約・基本計画

2013.6.23

正式に設計依頼のお電話があり、委託契約書の打合せを兼ねて初回プレゼンテーション(A案)からの変更要望を伺いました。


主な変更要望は下記の通りです。

  • 建物を北西に寄せて、なるべく正面に海がよく見えるようにしたい。(将来ガレージは東側に配置する)
  • リビング、ダイニング、キッチンを海側に対して横並びにしたい。
  • 玄関脇に小さくてもよいので土間収納が欲しい。
  • 西側にも通風や山並みを眺望できる窓が欲しい。
  • キッチンの近くに勝手口が欲しい。
  • キッチンの近くに収納を兼ねた家事コーナーが欲しい。
  • 予算が合えば螺旋階段は欲しいが、ルーフバルコニーへは梯子等でかまわない。
  • 南側の外壁袖壁は、なるべく開放的にしたいので無い方が良い。
  • 外壁は全体をガンメタ色のガルバリウム鋼板角波張りとし、玄関周りのみハードウッド張りとしたい。屋根の破風部分を木目調の色としたい。
  • 上記に伴い、玄関ホール部の白い西側壁は取りやめて、下屋は切妻屋根でよい。

その後の情報として、自然公園法による敷地境界から5mの離隔距離の緩和については、既存建物を建て替える場合にのみ適用されるとのことで今回は適用できませんでした。
また、水道引込みについて、今年の秋頃に市が前面道路に水道本管の敷設を行う計画があるとわかり、ほぼ工事の着工時と重なるので引込み工事費が不要になりそうです。



2013.6.29

設計監理委託契約を結びました。



2013.7.26

前回の要望を踏まえ、プランB案を提案しました。


配置図です。
建物を北西(図面左)に寄せて、なるべく海が正面に見えるように配置しました。


平面図・断面図です。
リビング、ダイニング、キッチンを海側に並行に並べて窓を大きくとりました。土間収納とパントリー、勝手口を追加し、家事コーナーは広い洗面カウンターと兼用しました。


南西面外観パースです。
外壁全体を角波貼りとし、袖壁はなくしました。南面はほぼ全体が窓になっています。ルーフバルコニーの面積は縮小しました。


北西面外観パースです。
階段部を下から上までサッシとするのは前回同様。玄関周りの外壁のみハードウッド張りとしています。


玄関ホール側からLDK、吹抜、2階寝室方向を見ます。
南面のほぼ全体がガラス張りとなり、海や街並みの大パノラマが拡がります。(画像は海の背景がなかったので森の背景ですが・・・)


リビングから階段、家事室兼洗面所方向を見ます。
螺旋階段は2階までとし、ルーフバルコニーへは梯子で登ります。


ダイニング南側から階段、玄関ホール方向を見ます。
薪ストーブが吹抜の中央付近に来るので、暖房効率は高くなります。


2階洋室から寝室、吹抜方向を見ます。
洋室と寝室は現状では一体で間仕切りはありません。ルーフバルコニーへ登る前室部分は屋根裏的な演出をするために上裏部分に天井を張りませんでした。


B案に対する主な変更要望は下記の通りです。

  • 家族会議の結果、シャワーブースではなくちゃんとした浴室が欲しいということになった。
  • 2階はできればA案のように、寝室と洋室がL型に配置され別々のエリアとして分かれていた方が良い。
  • 吹抜の窓は足場がないので掃除等のメンテができない。→ 吹抜側にキャットウォークを設ける。(外部は将来バルコニーを設ける計画。)

次回、変更案を提出します。