注文住宅の依頼は三重の設計事務所 K2建築設計室

三重の設計事務所 K2建築設計室は、注文住宅に関するご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

海を臨む高台の家

第9話 内装工事・引渡し

2014.5.3

施主は土日などの休みにしか工事が出来ませんし、仕事やプライベートの事情で毎週来られるわけではないので、工事の進捗は非常にゆっくりです。私も2〜3週間に1度のペースで(施主が現場にいる日に)現場確認に行くようになっていました。



LDKのフローリングを貼っている途中です。中央のフローリングがない部分は薪ストーブの設置位置でタイルを貼ります。断熱材を入れるのも壁の下地補強も施主が行っています。



外部は施工業者の工事はほぼ完了し、足場も解体しました。



2014.9.7

引き続き施主の内装工事です。



1階の壁は石膏ボードが張られ、天井の下地が組み上がっています。ボードのジョイントやビス頭を埋めるパテ処理も施主が行っていますが、材料の配合や塗り方など試行錯誤しながらやっているとのことでした。なんだか楽しそうです。



2014.10.13

引き続き、施主の内装工事です。



天井ボードが張られました。壁の一部と奥の部屋はキッチンや便器などの住宅設備を設置するために、先行して塗装をしていただきました。もちろん施主工事です。



2014.12.27

施主検査を行いました。



内部はこの状況ですが施主検査です。



キッチンなどの住宅設備の設置が完了し、一応は施工業者が行う工事の範囲が完了したので施主検査を行いました。正確には一部の未完工事があり、その施工時期の調整打合せを兼ねています。



2015.2.21

施工業者の未完工事と施主検査の手直し工事が完了しましたので、引渡を行いました。



北側外観。あとは施主工事である玄関横の木製ルーバーと勝手口外のウッドデッキが出来れば完成形です。



南側外観。施主工事のウッドデッキとバルコニーが出来れば完成形だと思います。



内部はまだまだこれからです。間接照明は「とりあえずの仮設置」だそうです。



吹抜部は足場を解体するために先行して仕上がっています。天井の四角い2つの穴(落下防止に上から合板を置いている)はガラスの床をはめ込み、ルーフバルコニーからの明かりを吹抜に落とします。



引渡が完了し、一旦ここで終わりますが、建物はまだ完成していません。
これからも施主が楽しみながらこつこつと仕上げていきます。
さらにセルフビルドのガレージなどどんどん成長していく家でもあります。

完成したらぜひ見学に行き、第10話として掲載したいと思います。