注文住宅の依頼は三重の設計事務所 K2建築設計室

三重の設計事務所 K2建築設計室は、注文住宅に関するご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

高低差のある敷地に建つ家

第2話 初回プレゼン

2017.4.14

ヒアリングを元にプランを作成し、初回プレゼンテーション(A案)を行いました。
(画像多めです。)


配置図兼1階平面図です。
中庭を取り囲むようコの字形の建物とし、南側の棟はLDK、北側の棟は個室を配置。両棟を繋ぐ部分に浴室や便所の水廻りを配置してどちら側からもアクセスしやすいようにしました。


地階と2階平面図です。
地階は駐車場と玄関、トレーニングルームとアウトドア用品を収納する倉庫を設けました。
2階は各個室と共用のロフトと屋上バルコニーです。


断面図です。
敷地の高低差を利用して、地階はRC造にして擁壁を兼ねる構造としました。スラブを上部地盤と高さを揃え、その上に木造の平屋を乗せる混構造建築です。LDKの床を上部地盤と同じ高さにして中庭とフラットに繋がり、ホームパーティーやバーベキューなど内外の一体利用を提案しました。


南面外観パースです。
地階は道路側から見れば1階と同じように利用できます。建物右側に中庭へ登る屋外階段を受けています。


東面外観パースです。
南棟と北棟が並んで見えます。共に南面の奥行きのある庇と袖壁により、夏の直射日光を防いでいます。


西面外観パースです。
こちらからだと南棟と北棟の区別が付かず、一体の大きな建物に見えます。


鳥瞰パースです。
道路と中庭の高低差、南棟と北棟及びそのつながり、屋上バルコニーがよく分かると思います。



外壁の色を黒にした色違いバージョンもご提案しました。

バルコニー内側の壁や軒天の色も変更しました。
こちらのカラーリングも引き締まった感じで格好良いと思います。


中庭を東側より見る。
左側建物が南棟でLDKの掃き出し窓が並びます。LDKの床〜デッキ〜中庭地面をフラットに設定。右側建物が北棟で各個室の掃き出し窓から中庭へ出入り出来ます。


LDKから中庭を通して北棟を見る。


洋室より中庭を通して南棟(LDK)を見る。


LDK


LDK
キッチン奥の5枚引戸は冷蔵庫、食器棚を隠すと共に奥のパントリーへの出入口も兼ねる。


LDK
中庭および地下への階段方向を見る。


地下への階段と水廻り・個室への廊下


地下から階段を登ると明るい中庭が見えるようにしました。


主寝室
壁掛TVが付く目隠し壁の奥は書斎。


書斎
窓から中庭が眺められます。


洋室
ロフトと造付の収納+机を提案。


洋室
中庭側を見る。



ご要望をなるべく叶えようと盛りだくさんになってしまいました。
建物形状から床面積が広くなってしまい、このままでは予算オーバーしそうであること、面積をしぼるプランはいくつか考えられること、などをお伝えし、ご検討いただくことをお願いしました。

≪ BACK 目次

NEXT ≫